体感5分

μ’sの歌詞考察メインのブログです。※見解には個人差があります

初めまして初ブログです

初めまして、ksと申します。

何分ブログというものを使うのはこれが初めてなのでわからないところだらけなのですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さてこのブログなんですが、とある友人にとあるグループの曲の歌詞の意味を考察してブログに記事として挙げてみないかという誘いから立ち上げたものです。

そのグループというのがちょうど今から一年前に東京ドームでファイナルライブを行った「μ’s(ミューズ)」というグループなんですね。

おそらくどんなグループなのか、どんな人たちなのかということを知らない人も数多くいらっしゃると思うのですが、名前はなんか聞いたことある……という方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 

あぁいえ、残念ながら石鹸の方ではないです、ハイ。

そうですね、石鹸の方でしたらそりゃもう日本人なら誰でも知ってますよね……。

 

なら「μ’s」ってなんやねん、というわけで少しそちらについて今回はお話ししたいと思います。

 

この「μ’s」といわれているグループは、2013年、2014年に放送された「ラブライブ!」というアニメ、そして2015年に放映された「劇場版ラブライブ! The School Idol Movie」に出てくるグループのことなんです。

 

では「ラブライブ!」ってどんなアニメなのかとざっくりと話しますと、

主人公である高校2年生の「高坂穂乃果(CV:新田恵海)」が通う国立音ノ木坂学院が年々の入学者数、入学希望者数の減少により廃校の危機に陥ってしまうところから始まります。

この廃校をなんとかして阻止するため、入学希望者増加を目指し、幼馴染であり同じクラスの「園田海未(CV :三森すずこ)」、「南ことり(CV:内田彩)」、新入生の「星空凛(CV:飯田里穂)」、「小泉花陽(CV:久保ユリカ)」、「西木野真姫(CV:Pile)」、3年生の「絢瀬絵里(CV:南條愛乃)」、「東條希(CV:楠田亜衣奈)」、「矢沢にこ(CV:徳井青空)」を含めた9人で「スクールアイドル」を結成し活動していくというストーリーになっています。

 

さてそんな「ラブライブ!」なのですが他のアニメと違って面白い特徴があるんです。

先ほどもお話しした通りアニメの中で「スクールアイドル」というものを結成するのですが、スクール、なんて文字がついてますがやはりアイドル。

なんと実際にアニメの中でも、そしてアニメを飛び出して声優さんたちが実際に歌って踊ったりしているんです。

曲の総数は113曲。電撃G’sマガジンと呼ばれる雑誌にて産声をあげた2010年から、ファイナルライブを行った2016年3月31日、4月1日までに行ってきた単独ライブの回数は計6回。そしてライブでは、全曲アニメーションの振り付けを、各キャラクター担当の声優の人たちが完全コピーをして踊りながら歌うなんていう、声優ってなんだっけ……?としか思えないパフォーマンスを披露しているのです。

 

2016年度の紅白歌合戦にて紅組の出場枠の一つとして参加しており、その放送の中でアニメーションを使用していたりとほかの紅白出場アーティストさんと比べるとかなり異色で紅白を見ていた方なら何となく記憶に残っていたりするのではないでしょうか?

またミュージックステーションという番組にも過去に出演しており、CDランキングの方でもなんどかTOP3にランクインしていたりとアニメに全く興味がないといった人でも名前を聞く機会は結構あったのでは、なんて思っています。

 

さて説明もだいぶ長くなってしまいましたがこのブログではそんなμ’sが歌う数々の楽曲の歌詞について考察しそれについてのお話なんかを書いていければなーと思っています。あとはその曲に対する思い出とかね、そういうのもだったり。

 

なるべく毎日更新を心がけようとは思っておりますが何分忙しい、おまけに歌詞考察なんていう七めんどくさい工程をふまにゃいかんで時折日数飛んだりすることもあるかもしれませんが何卒よろしくお願いしますね。

 

※こちらのブログで慣れてきたら今度はAqoursBUMP OF CHICKENの歌詞考察なんかも別のブログにまとめられたらななんて思ったり……。